9/25/2013

HIXHO 引地渉 × 星野勝之二人展



このドアが、二つの国への入国ゲートです。
それぞれの国旗を目印に、どうぞお入りください。

キャンバスに独特の貼り絵的コラージュ「HI(空の国)」引地さんが、上段に、
パネルに3DCGを独特の技法で転写した、星野さん「HO(地の国)」は、下段。
壁に並ぶ作品を上に下に、左右にご覧ください。

HIXHO 
二つの国が目指すシャングリラへの旅
引地渉 × 星野勝之二人展

ユトールと呼ばれる飛行物体が生物のように暮らす国「HI 」、
ドリルで地下を行き来する
光を受け付けなくなってしまった種族たちの国「HO」。
(「Hi」は、引地の「ヒ」、「HO」は、星野の「ホ」)

二つの国に起こるさまざまな物語、
それぞれのシーン各10点が描かれています。
そして
階段を上って到達するのは、、、
A1サイズ3枚続きの合作(HI × HO・通称/ヒクスホ
伝説の、清浄の地「シャングリラ」
「シャングリラⅠ」の前で。左から、引地さんと星野さん

書籍挿画など、大活躍中のふたりが、
「お互いとにかく好きなものを描こう、と
 SFとかメカとか、すごく趣味に突っ走った」(引地さん)、
「自由帳の落書きをプロが本気でやってみよう、ということなんです。
 20時間以上ものミーティングを重ねて、
 設定を作り、まずは合作を作るところから」(星野さん)と、
完全オリジナルテーマ・描き下ろしでのぞんだ、初の二人展です。

そこから生まれたキャラクターたちは、
紙の立体として独立した作品になり、あるいは付属し、(引地さん)
引地さん「ユトール」ガイドとともに限定販売も!

かたや、
4枚の立体視の、設定概念図として新しい作品になり(星野さん)。
2色のメガネでどうぞ。星野さん概念図の一部。

空想の「翼」と「ドリル」、
それぞれのキャラクター・デザインや設定、
表現による味わい、を十二分に堪能できます、お楽しみください。

引地さんも星野さんも、それぞれ時間は違うかもしれませんが、
ほぼ毎日、在廊のご予定。
それぞれのスタイル、技法のこと、設定のディテールなどを
作品を堪能しながら、ゆっくりとお話ください。

ふたりの、奇想世界で遊ぶ、秋のひとときをぜひ、どうぞ!
☆09/24(火)〜09/29(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
Next Exhibition ------------------------------------------------------------
新井淳夫「フランスの最も美しい村々 」−第3章−
 10/01(火)〜10/06(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
 ------------------------------------------------------------詳細は、こちら